電磁石コントローラ FSCPAT.

離脱後の残留磁気が驚くほど少ない

独自の開発により、離脱後のワーク残留磁気を低減させることができます。※特許登録取得

0.2秒で安定した離脱を実現

従来の電磁石では、吸着したワークの安定離脱が困難でした。電磁石コントローラ FSC型は、0.2秒で安定した離脱が可能です。

電磁石の磁力を自由にコントロール

吸着時の磁力を最大3段階まで設定可能になり、あらゆる仕様にきめ細かく対応できます。

少量多品種加工で段取替えが不要

吸着・離脱の磁力設定を最大15種類まで記憶が可能です。外部信号により記憶した磁力の切り替えが可能ですので、自動化設備などでの段取替えが不要となります。

用途に合わせた18機種をご用意

出力電圧、出力電流、記憶可能パターン数の組み合わせにより最適な機種選択ができます。

製品特長

電磁石コントローラ FSC型は、右図の吸着・離脱の各条件を任意に設定でき、その磁力パターンを最大15通り記憶できる画期的な電磁石制御装置です。

DC24VまたはDC90Vの電磁石に使用でき、消費電流最大10Aまで制御可能です。

吸着離脱条件グラフ

画像をクリックすると拡大します。 ≫

製品仕様

電 源 定格入力電源 単相交流100V 50 / 60Hz ±10%
入力電源効率 90%以上
出 力 出力電圧 MAX DC24V / 90V
出力電流 MAX 3A / 5A / 10A
運 転
仕 様
記憶可能
パターン数
1パターン / 7パターン / 15パターン
制御方式 PWM制御方式
外部入力回路 フォトカプラ絶縁型
DC24V 10mA Max
L形プラグ9P 適応電線サイズ AWG28~12
外部出力回路 フォトカプラ絶縁型
オープンコレクタ方式DC24V 40mA吸引 Max
L形プラグ6P 適応電線サイズ AWG28~12
内部24V電源使用時 最大出力250mA Max
外部24V電源使用時 DC22V~27V
使 用
条 件
周囲温度 -10℃~40℃
湿 度 10%~90%RH 結露なきこと
雰囲気 腐食性ガス・爆発性ガス・オイルミスト
塵埃・蒸気のないこと
振 動 振動周波数20Hz未満では4.9m / s²以下
50Hz未満では9.8m / s²以下
標 高 1,000m以下
保護機能 瞬時過電流保護・過負荷保護・地絡保護
放熱フィン過熱保護・不足電圧保護
質 量 2.2kg

型式

型  式 出力電圧
MAX
出力電流
MAX
記憶可能
パターン数
一次側
電源容量
FSC-2403-P1 DC24V 3A 1 1.5A
FSC-2403-P7 7
FSC-2403-P15 15
FSC-9003-P1 DC90V 3A 1 4.5A
FSC-9003-P7 7
FSC-9003-P15 15
FSC-2405-P1 DC24V 5A 1 2A
FSC-2405-P7 7
FSC-2405-P15 15
FSC-9005-P1 DC90V 5A 1 7.5A
FSC-9005-P7 7
FSC-9005-P15 15
FSC-2410-P1 DC24V 10A 1 4A
FSC-2410-P7 7
FSC-2410-P15 15
FSC-9010-P1 DC90V 10A 1 14.5A
FSC-9010-P7 7
FSC-9010-P15 15

※一次側電源容量は、出力電流をMAXで使用した場合の数値を記載しております。

電磁石コントローラ 注意事項

電磁石コントローラの取付け、運転、保守・点検の前に必ずこの「安全上のご注意」および当該製品に付属している取扱説明書をよくお読みの上、正しくご使用ください。
安全注意事項のランクを「警告」、「注意」に区分しています。

警告

取り扱いを誤ると、危険な状況が起こりえて、死亡または重傷を受ける可能性が想定される場合。

注意

取り扱いを誤ると、危険な状況が起こりえて、中程度の障害や軽傷を受ける可能性、または物的損害のみが発生する可能性が想定される場合。

なお、「注意」に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。
いずれも重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。 当該製品に付属している取扱説明書は必要なときに取り出して読めるように大切に保管してください。 また取扱説明書は、必ずお使いになられる最終所有者の方までお届けいただきますようお願いいたします。

警告

全般

下記の用途に使用しないでください。

  1. 人命および身体の維持、管理等に関わる医療器具
  2. 人の移動や搬送を目的とする機械装置
  3. 機械装置の重要保管部品

当該製品は高度な安全性を必要とする用途に設計されていません。

製品の仕様範囲外での使用はしないでください。製品の故障や破損の原因となります。

設置

発火物、爆発物、引火物の危険物が存在する場所では使用しないでください。発火、爆発、引火の可能性があります。

製品を取り付ける際は、必ず確実な固定を行ってください。製品の落下、異常作動などによって、ケガをする可能性があります。

製品に水滴、油滴などがかかる場所での使用は避けてください。

必ずD種接地工事をしてください。漏電した場合、感電や誤作動の可能性があります。

製品の配線は「取扱説明書」で確認しながら誤配線がないよう行ってください。故障や異常作動の原因になります。

運転

停電保護装置を搭載しておりません。停電や瞬時停電などで一次側電源が遮断された場合、電磁石への出力電圧も遮断されます。 停電や瞬時停電の恐れがある場合、必ず停電保護装置(無停電電源装置など)を併用してください。
吸着物の落下によりケガをする可能性があります。

製品に水をかけないでください。水をかけたり、洗浄すると、異常作動によりケガ、感電、火災などの原因になります。

電源を入れた状態で、端子台に触れたり、I/Oコネクタの着脱を行わないでください。感電や異常作動の原因になります。

電源を入れる前に吸着信号入力がOFFであることを確認し、電源を入れてください。吸着信号入力が入ったまま電源を入れた場合、吸着動作を開始しますので接続されている電磁石が吸着状態となり、ケガをする可能性があります。

製品に異常な発熱、発煙、異臭が生じた場合は、ただちに電源を切ってください。そのまま使用すると製品の破損や火災の可能性があります。

製品の保護機能(アラーム)がはたらいた場合は、原因を完全に取り除いてからご使用ください。製品の異常作動によるケガ、製品の破損、故障の原因になります。

電源を入れても製品の表示器(ディスプレイ)が点灯しない場合は、ただちに電源を切ってください。

保守・点検

製品の分解、改造は絶対に行わないでください。異常作動によるケガ、感電、火災の原因になります。

保守、点検などを行う場合は、必ず電源を切ってください。ケガ、感電、火災の原因になります。

廃棄

製品は火中に投じないでください。製品の破損、有毒ガスが発生する可能性があります。

注意

全般

放熱フィンには触れないでください。高温になりますので、やけどの可能性があります。

設置

下記の環境条件でご使用ください。それ以外の条件で使用すると、故障や異常作動の原因となります。

  1. 周囲温度は-10℃~40℃
  2. 湿度は10%~90%RH 結露なきこと
  3. 腐食性ガス、爆発性ガス、オイルミスト、塵埃・蒸気のないこと
  4. 振動は4.9m/s²(振動周波数20Hz未満)以下、9.8m/s²(振動周波数50Hz未満)以下
  5. 標高は1,000m以下

屋内の通気のよい場所に設置し、他の機器などとの間隔、または複数台使用での間隔は下図の設置を行ってください。
下図スペースは最低限のスペースを表しています。製品上部に冷却用ファン(※1)が内蔵されていますので、通気の妨げにならないよう上下のスペースは可能な限り広くとってください。

制御可能個数式

※1.冷却用ファンは製品内部の温度を監視し、一定の温度以上になるとファンが回ります。常時ファンは回りません。

選定のお願い

電磁石コントローラに接続できる電磁石の総電流値は、コントローラの出力最大電流の80%以内でご使用ください。
また、複数の電磁石を接続される場合は下記の計算式をご参考ください。

制御可能個数式